【チア☆ダン】ネタバレ/あらすじ/感想 第1話

こんばんワン!Amyです!

2018年夏、今年梅雨明けが早く、いきなり夏本番となりましたね♪

夏と言えば、高校野球!そいてアルプススタンドの華、チェアリーダーのカワイイ女の子達☆

そう、今夜そんな夏にぴったりのドラマがスタートします。

運動神経抜群の土屋太鳳さん主演の「チア☆ダン」、ドラマでは、映画「チアダン」の9年後が

描かれます!女性にとって約10年って大きいですよね。そこで描かれる人間模様が楽しみですね☆

スポンサードリンク

ネタバレ あらすじ

まずは、ドラマは初回が大事。動画でちょいと探ってみましょう!

あらすじ

幼い頃に強豪チアダンス部「JETS」が初の全米優勝を果たした演技を見て憧れを持った主人公の藤谷わかば(土屋)

将来は同部に入って全米優勝したいという夢を抱くが、JETSのある高校の受験に失敗。

いつしかチアダンスさえ「自分には無理、できっこない」と考えるようになり、

勉強も運動も中途ハンパな高校に入学し、弱小チアリーダー部で運動部を応援するだけの高校生活を過ごしていた。

そんなある日、東京から来た強引な転校生・汐里(石井杏奈)に「私とチアダンスをやろう!」という

思いがけない言葉をかけられる。

その言葉がわかばのくすぶっていた思いに火を点け、かけがえのない仲間や

挫折したダメ中年教師の漆戸太郎(オダギリジョー)ら大人たちの支えと共に泣き笑い、

成長し、「全米制覇!」という“できっこない夢”をひたむきに追いかける奇跡のような物語だ。

(引用:TBS公式HPより)

みんなの声

 

スポンサードリンク